++ つれづれなるまま、だだらに、ゆるゆる。 ++

HOME最新の日記へタイトル一覧検索
過去ログ 2005年03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 

2006年07月31日(月)  絵チャな日々。
060731.png 800×800 62K
最初こんな楽書きを描いていたんですが、(下図)

なんか続きを描いてみたくなりまして、こんな絵になってしまいましたw
我ながらいろんな意味でやり過ぎました。反省。

それはそうと、前の日記のたれミコトに、ななーさんの舞衣と
ぬこさんのナツキを添えていただいて、ステキに感激でしたヽ(゚∀゚)ノ
お二人の許可をとってアップします〜。
(画像がでかいので、御覧になる方は下の縮小画像をクリック)

ちなみに裏画像もありw(微エロ注意)

それから、ぽたこんさんが描いてらした
PpG風(PpGZではないw)ミドリちゃんがあまりにステキなので、
私もいろいろ描いてみましたが、やっぱりぽたさんにはかなわないのであった(´∀`;)


2006年07月29日(土)  似顔絵対決
owarai.jpg 470×550 87K
舞-乙HiME絵チャにて、たまたまケロロ軍曹の話になった時に、隼人さんが自作の絵のそばに
あんまり素敵なおぎやはぎの似顔絵を描かれるので、つい対抗して麒麟の似顔絵を描きました。
(両方ともケロロ絡みの歌を唄ってます)
それからこんな感じに似顔絵大会になってしまいました。
なんかえらく楽しかったので、御本人の許可を得てここに掲載(´ω`)
隼人さんの芸人のチョイスに、にやにやしてしまいましたw

左下は、「長州小力ってかわうそくんに似てるよね」って話になったときに
私が即興で描いたかわうそ小力。

ああ、そういや最近似顔絵描いてないなぁ…。


コメント
  • 鰤 - 2006/07/29 02:15 
  • うわあぁあ
    とっても参加したかったです(笑)

  • 隼人 - 2006/07/29 17:40 
  • とても楽しかったです。(・∀・)
  • もきち - 2006/07/3104:33 
  • >鰤さん
    うは、鰤さんも似顔絵対決しますか(´∀`)
    いつか絵チャで御一緒とかしたいですねぇ。

    >隼人さん
    こちらこそ〜。遊んでいただいてありがとうございました(´ω`)


2006年07月27日(木)  暑くて死ぬぜ(DECO)
060726.png 460×400 17K
お買い物メモ(昨日の。だって昨日は日記書く気力なかったし。
久々買い出しに出かけた日にかぎってマックスで暑いってどういうことよ!
DVD-Rメディアが少なくなってきたので買い出しに秋葉原まで行ったんですが、
猛暑に加えて「安田大サーカス」のヒロくんそっくりな人に遭遇したりして、
もう逃げ場がない暑苦しさです。つか、カッコ内が長過ぎ!)


・るくるく(6巻)
もう相変わらずというか、いつものアレです。安心します。
進みそうで進まない物語もいつものアレです。
ペロちゃんや天使側の話ももうちょっと進めて欲しかったりは
するんですが、まあ、やっぱりこれはこれで。

・ケロロ軍曹(13巻)
どうみてもパワーパフです。あ(ry
つか、いまさらスト2だったり、相変わらずやりたい放題でステキですね。
ファンアート作家の理想のポジション健在ですw
アニメのほうがもう一年に2〜3話面白い話があればラッキーて感じなので、
原作単行本は本当に嬉しいです。
個人的にはへたれドロロもいいけど実力者ドロロも好きなので、今回は
アサシントップの貫禄が垣間見られて、うれしいですね。

・水惑星年代記
大石先生の新単行本。秋葉原のどこかの店でサイン本が買えると聞いたので
探しまくりましたが、よりによって最後によった店にありましたw
情報は大事ですねw 脱水症状までいかんでよかった。
いやあ、なんか和みますねぇ。ほっこり。
それぞれのキャラが何かにぶつかってても前向きで、私のようなへたれには
眩しすぎたりもしますが、ほんのり見守ってしまいます。
ところどころ顔を出すSFモノのテイストにもにんまり。
これだけ読みごたえのある短編を毎月連載するってのも、力量が感じられますねぇ。

・ヘルシング(8巻)
同じ日に同じ少年画報社から出てるのに、上記の本とのこの差はなんだw
前者がひなたぼっこの幸福感だとしたら、こっちはアッパー系のドラッグの
それですねw
いやあ、今回も堪能しました。
実はまだ一読しただけで、あまり内容を理解してません。
この巻にかぎらずいつもそうなんですが、この漫画は一読ではあまりよく
把握できないんですよ私。頭が弱いんで。
でも、そのつどわからない部分を読み返したりもしたくないんです。
勢いというか、ドライブ感を楽しみたいので。
細部がわかんなくても、漫画の勢いに身を任せる恍惚がこれにはあります。
で、初見でそれを味わった後、なんども読み返します。幸せ。
今回はアーカードの過去や、今まで見たことのない表情がでてきてたまらんです。
話が盛り上がってる分、いつものおちゃらけが少ないのは残念でしたが、
それはガバー裏で大爆笑。
しかし、もともといい絵を描く方でしたが、なんかまたものすごくパワーアップしたような…。


あ、ついでにMacショップにいったですよ。マウスが死にかけてたので。
いまだとなかなか旧OSで使える安いマウスってないんですよ。
でもさすがにこの町だとすぐに見つかりますなw
いまどき光学マウスデビューなんて、俺くらいなんじゃなかろうかw
ホイールもはじめて。いやあ便利便利。
でも時々カーソルが左上に飛ぶのはかんべんしてください。
あと、べつに光らないでイイです。つーより光るな。


コメント

2006年07月20日(木)  つーわけで。
トップページにも書いた様に、舞-乙HiME絵チャット参加者による合同誌
『ひめちゃ!2』に参加します。
つか、今日が締め切りでしたw 終わったの昨日の深夜ですけどw
つーわけで、最近更新がおろそかだったことの説明おわり!ヽ(゚∀゚)ノ
本当は日曜くらいに終わる予定だったんですが、先週末の猛暑で原稿が思う様にすすまず
大苦戦を強いられていました。(甘えんな)

さて、これで心置なくバタカップが描けるヽ(´―`)ノ


コメント
  • ぬこ - 2006/07/21 01:38 
  • もっきーもおちかれさま〜〜ヽ(゚∀゚)ノ
    さぁ、思う存分パワパヒュを描くがよひ(`・ω・´)

  • もきち - 2006/07/23 23:44 
  • は〜いヽ(´―`)ノありまと〜

    と言いつつ、他に描かねばいけない絵があったりしてたりなんかしてヽ(゚∀゚;)ノ


2006年07月16日(日)  ちんからほい!
今月の「ポピーシード」、読みました?
毎回面白いですが、今回は特によかったですね(´∀`)
やっぱ山ルン先生は最高だなぁ。


《以下ネタバレあり》

あのベルガモットがダンディーエロジジイという設定はかなり萌えますな!
ダンディーなのにふわふわ。ダンディーなのにおしり丸出しw
要するに「じいさんのネズミ」ではなくて、「ネズミに変えられたじいさん」なのですね。
『ヘルシング』のウォルターなのですね。(違う)
今回は絵的にも見るべきところが満載。
マーガレットの三角巾もかわいいし、ポピーシードの肩だし・背中出しもポイント高し!
そして吊られるベルガモット!いじけるベルガモットの尻!(見境なしか)

パワパフ3回目。
相変わらずテンポは悪い〜。HDDレコーダーで1.3倍モードで見ても遅く感じるw
でもかわいいから許す(こればっかりだw)
先週はバタ子の出番の無さで残念だったんですが、今週は彼女の
「女の子っぽいものが苦手」っぷりがこれでもかと表現されていてステキでした(*´ω`)
存在自体が羞恥プレーイといいますか、いじりがいのあるキャラですねぇw
どうやら男系家族で育ったという設定みたいですから、きっとお兄さんに女扱いされてないんでしょうねぇ。
あ、そういえば、今週は声だけですが、ガールズの家族が出てましたねぇ。
その辺の話は原作に無い完全オリジナル要素なので、楽しみです。
で、ブロ子の妹が斉藤千和なんですが!どんな萌えキャラがでてくるのか!
「ドレミ」のポップのポジション期待していいんですか!変身ょぅι゛ょ!(おちつけ)

あと昨日のドラえもん、気になる情報が満載でした。
とうとうドラミちゃんが登場ですか!うは〜。
声はだれがやるんだろう…。
そしてコレ。
>「ドラえもん」に真保マジック…人気作家が「新魔界大冒険」脚本
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060712-OHT1T00046.htm
なんとこの方、もともとシンエイの人なんですねぇ。ドラ好きみたいですし。
いきなり人気作家を呼んでくるなんて心配してましたが、むしろ期待できるかもですねぇ。


コメント

2006年07月14日(金)  発砲。
今日は久しぶりに新宿へ。

まずはピクサーの「カーズ」を観賞。
ディズニーは嫌いだけどピクサーは好きな私としては、よりを戻してからの第一作ということで、かなり不安。
それに加えて、去年「インクレ父さん」を見に行った時だったかに見た予告編が、今まで見たピクサー作品では一番つまらなそうだったことが、不安の最大の原因。
知人やネットの感想を見ると、よい評価と悪いのとが両極端ですが…。

ネタバレはしない程度に感想を書くと、最後まで見た後ではそれなりに満足。
だけど、ピクサー作品にしては「あれ?」という要素がかなり多かったです。
とくに前半はきつかったなぁ…。
まあ、私はピクサー作品では「インクレ」と「バグズ」が好きな少数派ですので、あまり参考にならんかもですがw
とにかく映像表現ではさすがピクサー。文句無し。キツイ部分も映像を楽しんで乗り切りました。
でも、おまけの短編の方が満足度が高かったなぁw

その後、紀伊国屋へ。
地元の本屋で買えなかった「ラビパパ」を購入。
これは私の心の漫画の1つ、「紺野さんと遊ぼう」の続編(ある意味)。
あいかわらず人の心のびみょ〜なささくれや、耳掃除のような幸せを描かせたら日本一。
他には大石先生の表紙のアワーズと、なにかと話題の「メカビ」も購入。
これは後でゆっくり読もう。

それから西口に移動。ヨドバシへ。まだDS売ってねぇよ!
大好きな映画だけどいままでDVD化されてなかった「コーンヘッズ」を購入。
やっぱダンはイカす。
それと、メディアをまとめ買い。
しかしヨドバシ本館、いつのまに模様替えしやがって!
最近はメーカーごとにモノを置くのが流行りなのか!?探し辛くてしかたがない!

そのあとダイコクドラッグによって、その側の店で5000円ほど経済制裁して帰りました。
本当はカバンと靴も買いたかったんだけど、時間切れ〜。

ところで、下の写真。
これはわざとなの?ヨドバシさん。ねらってるでしょ?

HAPPOU2.jpg 416×574 48K

コメント

2006年07月09日(日)  ひさしぶりにアニメの感想とかだらだらと。
パワパフガールズ第2話。

一話よりは面白く見れる!しかし…。
バタコの出番が少なすぎだろ、これ!むきーヽ(゚皿゚)ノ
でもあいかわらずミニスカに慣れないバタ子に、あらためて萌える(´ω`)

まずは冒頭シーンで拘束されてるブロッサムに噴いたw
ダレの趣味ですかw デスノートですかw
そんでもって、思ったよりアレな子ですな、バブルスたんは。
コミュニケーションが成り立ってないよ…。


今週録画したアニメの感想もついでに。
最近こういうのやってませんでしたが、やめたわけじゃないんですよ〜(´・ω・`)

まずは『HELLSING』のOVA2の宣伝でOVA1のダイジェスト版やってたので見てみました。
じつはOVAもテレビ版もきちんと見てなかったんですが、TV版はなんか原作ファンに不評みたいでしたねぇ…。
で、感想ですが、ダイジェストってこともあってアクションシーンばっかりでしたが、かなりイイ感じでした。
欲をいえば原作の持つ狂気をもって盛り込んでほしいなぁとか思いましたが、とりあえず絵がきれいで
よく動いてました。
血文字のシーンやコウモリのシーンなんかは、アニメ(CG?)ならではの表現でなかなか。
ただ、ダイジェストにもれた部分(原作ではギャグっぽい部分とか)がどう表現されたのかが気になりますね…。
あと、アンデルセンが若本様だったのが…。悪くはないけどちょっと安直かなぁと…。
若本節全開なので、せっかくクチビルの動きをきれいに描いてるのに、ずれまくって意味ないしw
どうせなら口元のアップだけでも撮影し直せばいいのにw

なんか原作は人気みたいなので見てみました『無敵看板娘』。
ん〜、微妙。とりあえず一話目では、「これは!」ってポイントがないなぁ…。
漫画原作だと徐々に面白くなることも多いので、もうちっと長い目で見てみますか。

『まもって!ロリポップ』
これまた微妙〜。
なんかありがちな設定がてんこもり。
まあ、女の子向けハーレムアニメということなんでしょうなぁ。

あと、一部で話題の『内閣権力犯罪強制取締官財前丈太郎』
…お話が頭に入ってこないくらい、絵がアレです(´∀`;)
某所で「MUSASHI GUN道に強力なライバル出現 」ってかかれてましたが、さもありなんw
なんせ、これだもんなぁ…。(画像はひろいものです)

これで背景以外国産なんだから、きっついなぁ。どんな裏事情があったんだろう…。

まだ録画しておいてみてないのがありますが、それもおいおい書いていきます(たぶん)


コメント

2006年07月06日(木)  でました!でもでるとこでてません(´・ω・`)
mojo.jpg 300×300 23K
つ〜わけで、『パワパフZ』の第一話を見て感じたすべてをTOP絵にしてみました。
当サイトにむちむちを求めて来ていただいてる方には申し訳ない。
たまにはペタン娘も描きたいんだぁ!
ガリガリで骨っぽいのは苦手ですが、健康的で細い女の子はラインがきれいで好きです(=´∀`)


ところでネットのあちこちで耳にする「原作との違い」の話をしておきますね。
よく「原作の大ファンほど受け入れられないor割り切りが必要」という話を聞きます。
わたしも去年の第一報を聞いた時は「げ!」と思ったものです。

でもまあ、こう考えてる様にしてます。
ドギー・クルーガーは犬をモチーフにしたキャラクターだが、
犬とドギーはどちらが優れてるかなんて、わりとどうでもいいことじゃないかなぁと。
(犬&ドギーをウサギ&マイメロ、ティラノレンジャーとティラノサウルスに変えてもいいです)
ちょっと極端すぎる例かもシレンですが、それなら戦隊シリーズとパワーレンジャーとかでもいいです。
あれは同じスーツアクションを使ってはいるものの、お話は全く別ですし。
アレンジ作品やカバーなども、それが同じ土俵で存在してないのなら、わざわざ比べなくていいかなぁと。
そういう意味ではハリゴジあたりは微妙なんですけどねw

私は本家「パワーパフガールズ」は本当に大好きな作品で、キャラの表現のしかたや毒の盛り方、
音楽の使い方、色使い、時に斬新な実験的手法、なにより日本のアニメにない「かわいさ」を
提示してきたこの作品をものすごく愛して止まないんですが、
それをそのまま製作スタイルだけを日本風に変えて作るのではなく、日本の少女アニメ(&萌えアニメ)
として再構成されてる以上、同列に見る気にはなれないなぁ〜というのが、単純な私の気持ちです。

ぶっちゃけた話、第一話を見る限りあまり出来がいいアニメとは思いませんけどねw
これはキャラ観賞アニメとして楽しめればイイかなぁと思っております(´∀`)

これは憶測ですが、数年前の「アストロボーイ鉄腕アトム」みたいに、アメリカの資本やら権利やらで
いろいろめんどくさいことになってると思うんですよ、このアニメ。
前にカプコンが「MARVEL vs.CAPCON」やディズニー関係のゲームを作った時に、版元のチェックが
きびしくて大変だったという様なことをどこかで読みましたが、おそらくそれに似たようなもめ事も
いろいろあるんじゃないかしらん?

製作が軌道に乗ってきて、版元が油断してきた時がチャンスかなぁ〜とか、勝手に思っております(´ω`)
期待してまっせ、浦沢センセ〜。


コメント

2006年07月01日(土)  パワパフ〜
060701.jpg 700×630 102K
パワパフZ見ました?
だいたい予想通りでしたねぇw
なんかテンポが悪いのが気になりますが、内容的には「こんなもんでしょ」って感じ。
キャラが可愛いし、浦沢義夫なので見続けますけどねw

ちょっと残念だったのは、第一話くらい気合い入れるかなぁと思ってたのに、
アクションがしょっぱいのと、たまに画質が落ちることですが(;´д⊂)
せめて第一話くらい、プロモと同じくらい動かしてくれよう(;´д⊂)

あと、モジョは語尾に「〜モジョ」ってつけるのはちょっとな〜w
それと、せっかく幼稚園がでてきたんだから、キーン先生っぽいキャラをだしてくれてもいいんじゃないかなぁ…。
きっと浦沢センセのことだから、原作に愛着とかなさそうだし、そういうサービスは期待しない方がいいかも…w

でもゆるす!バタ子がかわいいから!ちゃんとハンマーふりまわすし!

変身シーンで一瞬だけスク水っぽくなるのがちょっとツボだったり(;´Д`)'`ァ'`ァ


コメント

過去ログ 2005年03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 
DiaryCGI nicky!
ShiPainter Program (C)しぃちゃん(shi-cyan)
Skin zero